アンパラレルド「リコグニッション」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#115】

こんにちは、リワインド渋谷店スタッフのアルです!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

前回のルークに続いて、第115回はUnparalleledのリコグニッションです。

コリン・ベックフォード選手のシグネチャーモデル、アンパラレルドの「リコグニッション」は、同社のヨーヨーの中でも特に人気が高く、評判が評判を呼んで愛用者が最近増えている。
ボディ素材にA7075を採用しているにも関わらず5,990円という安価なのも人気の秘訣だろう。A7075でこの価格は、一昔前なら信じられない価格設定だ。(今でもありえないくらい安い)

渋谷店でお客様から「モノメタルのオススメは?」と聞かれてまず答えるのはクラウンだが、同価格帯でその他に…となると、シュガーラディウスネクサスと並び、リコグニッションも挙がってくる。おそらくリコグニッションをお持ちの方なら納得すると思う。
とにかくモノメタルヨーヨーとしての完成度が非常に高く、一見クセのありそうな多段形状をしているが、使ってみると意外にも素直なフィーリングで扱いやすい。
先述した他のヨーヨーに比べると供給が安定していないのが唯一の難点ではあるが、買って損はない隠れた名作である。

支持される理由としては、1A用として使いやすいのはもちろんのこと、3Aや5A用としても優れている点があると思う。
特に最近は5A用に使う人が多く、幅が広いので単純にストリングに乗せやすく、大きく振り回してもふらつきが少なくしっかりと回ってくれる。
「幅が狭いヨーヨーが良い」と言われる」3Aにおいても、スイッチバックやツーハンドトラピーズ等のトリックには逆に幅の広さが活きてくる。
そして大きな利点である耐衝撃性。5Aで落としてしまう時や3Aでヨーヨー同士が衝突してしまう時でも、強固なボディは壊れにくいし傷がつきにくい。(傷がつかないわけではないが、えぐれるような傷のつき方はあまりない)
万能で性能も良く、長く使えるヨーヨーとして今後もユーザーが増えそうだ。


Comments are closed