More from: ピックアップアイテムFROM渋谷店

オリジナルスロー「オリジナルスローストリング」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#102】

こんにちは、リワインド渋谷店スタッフのアルです!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

前回のプラグマ(2020年版)に続いて、第102回はOriginal Throwのオリジナルスローストリングです。

ヨーヨーの使用感は使うストリングで大きく変わる。そう僕らも言ってきたし、実際に試したユーザーも納得するところだと思う。長らくキティストリング(Kストリング)がシェアの大部分を占めていたが、アノニマスソチ等の台頭で、選択肢は着実に増えている。そんな中、最近注目されているのはOTSことOriginal Throw String(オリジナルスローストリング)だ。現在、太さ違いで3種類リリースされているので、それぞれ紹介していきたい。

スリム:Kスト・ソチのノーマル相当の太さ
バインドが問題なく出来るのであればスリムは選択肢としてアリ。一番滑り具合は良くて、スラックやウィップも「飛ぶけど行きすぎない」絶妙な仕上がり。個人的には好きなフィーリングだった。
また、オフストリングやルーピングにも使える汎用性の高さがある。スリープを多用するようなルーピングトリックをする時は若干太いと感じるかもしれないが、単純にループやホップを練習するぶんには、しっかりと戻ってきてくるのでちょうど良いだろう。

ノーマル:Kスト・ソチのファット相当の太さ
一番クセのないバランス型と言えるだろう。他社のストリングと比較しても、総合力の高さはトップクラス。トレンドを抑えた少し太目の程よい太さで、滑りや飛び具合も良く、あらゆるトリックへの対応力が武器だ。やわらかくてしっとりとしているが、トリック中は狙った通りの動きをしてくれるためストレスなく使えるのが魅力。

ファット:Kスト・ソチのXL相当の太さ
ウェイトがあることで、フック系のトリックをやると一瞬ふわっと浮いた後に加速して一気にストリングに掛かりにくる。マリオカートで言うとクッパやドンキーコング。「ストリングによるプレイの後押し」を一番感じられるストリングと言えるかもしれない。出来ないトリックが急に出来るようになることもあり、ハマる人も意外と多いんじゃないかと思う。

オリジナルスローは公式のチームも抱え、世界中の名だたるプレイヤーをサポートしている。身近なところだと、リワインド渋谷店スタッフの羽角伊弦もチームメンバーだ。今後の活動にも注目してほしい。


ヨーヨーファクトリー「プラグマ(2020年版)」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#101】

こんにちは、リワインド渋谷店スタッフのアルです!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

前回のフレイムに続いて、第101回はヨーヨーファクトリーのプラグマ(2020年版)です。

羽角伊弦選手(リワインド渋谷店スタッフ/ヨーヨーファクトリー所属)のシグネチャーモデルは、シンギュラリティ以降着実に彼の好みに合うよう少しずつアップデートされてきた。それは多くの人にとっても使いやすいようになってきた、ということでもある。今年発売された新型プラグマが発売されるまでの背景は、彼が書いたプラグマ開発秘話をご覧頂きたい。開発秘話と商品ページを読めばプラグマについて大体わかると思うが、ピックアップアイテムのコーナーでも改めて取り上げようと思う。

2020年発売の新型プラグマは、発売してすぐに完売してしまうほどリワインド渋谷店・ウェブ本店共に好評だったが、実際に購入されたお客様からの反響も大きかった。

競技の最前線で戦える機種として妥協無く作られ、その性能の高さは折り紙付きだが、高性能なヨーヨーは上手い人のためのもの…なんてことはない。大会に出場するわけではなくとも、家でなんとなくヨーヨーを振る時、何かトリックを練習する時、プラグマは絶対的な性能を以てしてプレイヤーの期待に応えてくれる。

1997年のハイパーヨーヨーブーム時、「ヨーヨーは高性能に進化した」と言われたが、そこから23年経った今のヨーヨーは、もはや同じヨーヨーと言えないくらいの進化を遂げた。プラグマは、その最先端にあるヨーヨーのひとつであると断言できる。

2020年版も、早くもセカンドロットが発売され、パッド部分の深さが若干修正されている。いづるオススメのセッティングをすることでさらに使いやすくなるので、自分が上手い下手なんて関係なく、気になる人はだまされたと使ってみてほしい。


ヨーヨーファクトリー「フレイム」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#100】

こんにちは、リワインド渋谷店スタッフのアルです!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

前回のループ720 LEDに続いて、第100回はヨーヨーファクトリーのフレイムです。

バイメタルヨーヨーの選択肢が増えた昨今、モノメタルからステップアップし、バイメタルを手にした人は多いと思う。プラスチックヨーヨーしか触ったことのない人がモノメタルヨーヨーを初めて触った時に衝撃を受けたと思うが、バイメタルはバイメタルでまた衝撃の性能アップを体感できる。そして、順当に行くと次はチタンか…となる所だけど、ここでひとつ紹介したいのが、ヨーヨーファクトリーの「フレイム」だ。

フレイムの最大の特徴は、何と言ってもトライマテリアル(3種類の素材)で出来たボディだ。アルミ+ステンレス+POMという異なる素材を使用している。アルミとステンレスの組み合わせはたくさんあるが、珍しいのはPOMがボディの中心部にあることだ。そもそもPOM(ポリアセタール)とは、強度と耐摩耗性に優れたプラスチック樹脂で、触り心地もなめらかでABSやポリカーボネートといった一般的にイメージされるプラスチックとは少し異なる。

僕は樹脂の専門家ではないのでPOMについて詳しくはないが、POMはヨーヨーの素材としてはよく使われる物で、特にオフストリング機種で使われることが多い。リワインド内で”POM”と検索するといろいろ出てくるので見てみてほしい。そんなPOMがフレイムの鍵となっている。ストリングがボディに一番触れる部分がPOMなので、フィーリングはもはやプラスチックヨーヨーの部類に入ると言っても良いかもしれない。タッチがやわらかく、とても気持ち良い。それでいて、ステンレスリムによるパワーがあるので、そのギャップがおもしろい。アンバランスなようでとても上手くまとまっているバランスの良さは、ただのバイメタルヨーヨーでは表現できなかったフィーリングを生み出している。


ヨーヨーファクトリー「ループ720 LED」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#099】

こんにちは、リワインド渋谷店スタッフのアルです!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

前回のスピンスターに続いて、第99回はヨーヨーファクトリーのループ720 LEDです。

ヨーヨーファクトリー「ループ720LED」は、その名の通りルーピングヨーヨーの定番「ループ720」のLED搭載バージョン。ループ720を使用しているプレイヤーはたくさんいると思うし、使ったことがなくてもレビューや口コミで知っている人もいると思う…が、ループ720LEDについては意外と知られていない(気がする)。ライトアップするヨーヨーの代表格でもあるので、知らない人にはぜひ知ってほしいヨーヨーだ。

ループ720についてざっくりと説明すると、ボディの片側だけにLED回路が搭載され、ヨーヨーが回転すると遠心力によってスイッチがONになりLEDが白く光る。ボディの色によって若干光の色見は変わってくるが、フェイス側からは真っ白に見える。くっきりとした光で、ループの軌道が鮮やかになるので、ダブルループなんかは大変見栄えが良くなる。

1997ハイパーヨーヨー経験者でファイヤーボールとハイパーミラージュの関係性を連想する人は、LEDが搭載された途端に一気に使いづらくなるというネガティブなイメージを持つ人も少なからずいると思うが、ループ720LEDに関しては心配ご無用!LED搭載による重量アップは実際あるが、極力軽くするために回路はとてもシンプルな作りになっている。ストレスなくプレイできるのが大きな特徴だ。1個持っていれば、人前でトリックを披露する時に役立つだろう。

※現在のパッケージは箱型のスモールパッケージになります。


ヨーヨーファクトリー「スピンスター」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#098】

こんにちは、リワインド渋谷店スタッフのアルです!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

前回のアディクションに続いて、第98回はヨーヨーファクトリーのスピンスターです。

ヨーヨーファクトリーのスピンスターは、『初心者向けヨーヨーの決定版』という大きなキャッチコピーを掲げて登場した。

それまで「初心者向け機種」の開発に苦労してきた(今でもしている)ヨーヨーメーカーの中でも、とりわけ力を注いできたのがヨーヨーファクトリーで、F.A.S.T. 201ワンヴェロシティリプレイなど、初めてヨーヨーに触る人が扱いやすい物を積極的にリリースしてきた。

そんな歴代の初心者向けヨーヨーの中に、ハブスタックというヨーヨーがあり、スピンスターのボディ形状はこれにかなり近い。ウィング形状だが外周は丸く手になじむ。シンプルなデザインで、万人受けする物となった。

最初のヨーヨー選びでは「価格」もひとつの壁となる。スピンスターは1,000円で買えるヨーヨーで、手に取りやすいお手頃価格。安価な理由のひとつとして、金属ボールベアリングではなくプラスチックベアリング(プラスチックスプール)になっていることが挙げられる。

スピンスターはある意味振り切れていて、出来るトリックは少ない。初歩の初歩、本当にベーシックなトリックをとりあえずやってみたいという方や、小さなお子さん向けに作られている。

発売が2016年ということもあり、時代が経つにつれて初心者向けヨーヨーのトレンドも変わってきた。今ならもう1ランク上のワンスターが圧倒的にオススメだが、「とにかく何でも良いからちょっと遊んでみたい」という場合はスピンスターでも良いかもしれない。しかし、すぐに物足りなさを感じると思うので、その辺も加味して購入を検討していただいた方が良いだろう。

グルっと一周して、金属ボールベアリングが入っていないヨーヨーとしては貴重な存在になった。初心者向けでもあり、ある意味コアなプレイヤー向けでもある。

バタフライのような固定軸のヨーヨーや、ダブルオアナッシングのような幅の狭いバインドヨーヨーと並んで、「制限付きで楽しむヨーヨー」という側面もある。また、バインドヨーヨーに慣れたプレイヤーが、原点に立ち返って引き戻しヨーヨーで遊んでみたい…なんて場合もスピンスターならちょうど良い。検定に挑戦する場合のチョイスとしてもアリだと思う。

(余談だが、スピンスターは限定バージョンもいくつかリリースされてきた。リワインド渋谷店限定の「渋谷ヨーヨークラブver.」なんかは今でも販売している。)


サムシング「アディクション」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#097】

こんにちは、リワインド渋谷店スタッフのアルです!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

メタルイエティに続いて、第97回はサムシングのアディクションです。

プラスチックボディに金属リム(ウェイト)を搭載したヨーヨーのことを「金リム」と呼ぶことが多い。(「金色のリム」との誤認にもなるため、徐々に使われなくなっている気もする。)ヨーヨージャム全盛期には、この金属リムのヨーヨーがメインストリームであった。金属リムは、ウェイトが外側に付いたアウター型と内側に付いたインナー型の2種類あり、それぞれ特性が異なる。ヨーヨージャムの多くはアウター型の金属リムモデルが多く、インナー型金属リムモデルのヒット商品と言えば、ヨーヨーファクトリーのプロトスターなどが有名だ。

サムシングのアディクションは、インナー型の金属リムモデルとしてはプロトスター以降のロングセラー商品で、不動のポジションを確立している。その特徴として、手で握った時もトリック時にストリングがボディに当たる際も、プラスチックに触れるため、独特のやわらかさが伝わってくる。それでいて、ウェイトによってパワー不足を補っているため、非力な感じがなくあらゆるトリックに対応している。

アディクションはアングラムゆずりの形状であるため、本格的な競技向けモデルをマイルドな仕上がりにしたエントリーモデルとも言える。67.2グラムという重量も、実際に振ってみると気にならない。トラクションのかかっている投げ出し、巻き戻し、その間のコントロールもしやすいために扱いやすく、最初から最後までストレスなく使用でき、非常に快適だ。価格も安いので、気軽に、そして長く遊べる相棒として、プレイヤーを飽きさせない。


CLYW「メタルイエティ」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#096】

こんにちは、リワインド渋谷店スタッフのアルです!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

前回のマサミニ2に続いて、第96回はCLYWのメタルイエティです。

CLYWのメタルイエティは、少し不遇な開発経緯をたどってきたヨーヨーだ。2013年にメーカー直販等一部だけでリリースされた初代イエティは、ユウキ・スペンサー選手(2002年/2007年1A世界チャンピオン)が「これまで使ってきた中で最高のプラスチックヨーヨー」と言うほどの物だったが、ストリングが切れやすかったり生産が安定しないことから一般流通はなく、2016年にイエティ2.0としてようやく公式に発売された。そのイエティ2.0さえも耐久性の問題等で短命に終わり、ロングセラーとはならなかった。そして2018年、メタル版のイエティとしてカムバックし、現在に至る。

満を持してリリースされたメタルイエティは、UMA(未確認生物)のイエティのように大柄なヨーヨーで、直径約58.5mmという数値以上に大きく感じる。重量は66.7gあるが大きさに対して重たい感じはなく、むしろ軽いフィーリングなので、ストレスなく振り回せるのが特徴だ。同社のヨーヨーとしては比較的安価ながら性能も良く、ただプラスチック機種をメタル機種にしたのではなく、全体のバランスを考えながら設計されたことが分かる。

ハブ(ボディのフェイス側の中心部分)に貼ることのできるステッカーが付属しているが、これはプラスチックイエティの時からの名残りらしく、お手軽カスタマイズとして見た目の印象を変えることができる。その他、最近のCLYWではお馴染みとなったピンバッジが付いていたり、2018年リリースの初回ロットでは「当たり付き」という珍しい試みもあった。(当たりはパッドを剥がすと刻印が彫られていて、Akitaの限定版がゲットできるというもの)バリバリの競技向け機種ではなく、「気軽に振れる物を」という所から始まったイエティシリーズなので、CLYWの遊び心を感じられるヨーヨーとなっている。


戦国「マサミニ2」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#095】

こんにちは、リワインド渋谷店スタッフのアルです!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

前回のゾディアックに続いて、第95回は戦国マサミニ2です。

オンラインストアをしていると、商品ページで伝えられる情報には限界がある、と思う時がある。写真や文章等、極力伝えられるようにと思いながら商品ページを作成しているが、やはり実物を生で見たり触ったりするに越したことはない。
戦国のマサミニ2は、ミニサイズのバイメタルヨーヨーという特殊な位置にあるため、サイズ感も使用感も伝わりにくいのではないかと思う。実物を見た時、振った時の驚きは、他のどのヨーヨーより大きいだろう。

【サイズ比較】将軍(左)とマサミニ2(右)

マサミニ2の基をたどると、政宗(マサムネ)というヨーヨーがあり、それを小さくしたのがマサミニ、そしてその後継機がマサミニ2(直径39mm)という流れになっている。
初代マサミニ(直径42㎜)の時点でかなり小さかったが、マサミニ2(直径39mm)はさらに一回り小型化しており、実用レベルの最小値といったところ。これより小さいとスローもバインドも困難になるギリギリのラインを攻めている。マサミニを持っている人でも、マサミニ2は全く違うヨーヨーだと感じ取ってもらえると思う。

【サイズ比較】将軍(左)とマサミニ2(右)

そんなマサミニ2だが、使ってみるとなかなか面白い。小さいヨーヨーは数あれど、バイメタルというのが特筆すべき点で、予想以上によく回る。小さいヨーヨー特有のふわつきを極力抑え、地に足ついた堅実な作りをしている。ただの「ネタヨーヨー」ではなく、ちゃんとした「高性能なヨーヨー」だということがわかるはずだ。もちろん、最初のうちは扱いに慣れなくて違和感があると思う。しかし、しばらく使っていくうちに、違和感は未知なる世界への扉だと気付く。少し言い過ぎかもしれないが、普段と違う動き方やスピード感によって空間認識能力が高められるような感覚になってくる。
どれだけ長くヨーヨーをやっていても、マサミニ2のようなイレギュラーなヨーヨーを避けて通ってくると、使った時にヨーヨーの奥深さを再認識させられる。


ヨーヨーファクトリー「ゾディアック」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#094】

こんにちは、リワインド渋谷店スタッフのアルです!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

前回のワントゥーワンに続いて、第94回はYoYoFactoryのゾディアックです。

1Aのヨーヨーは、プラスチック→モノメタル→バイメタルの順に性能がアップするイメージをお持ちの方が多いと思う。大まかにはその認識で間違っていないが、「良いヨーヨー」の定義は人それぞれ違って、客観的に見ても「これにはこれの良さがある」と、曖昧な答えになることがある。リワインドでは、練習に向いてないと判断した物は「コレクションモデル」と位置付けていて、最近発売されたヨーヨーファクトリーの「ゾディアック」も初心者が迷わないようにコレクションモデルとさせてもらっている。が、完全なるコレクション向けという訳ではなく、「使って楽しいヨーヨー」である。

ヨーヨーメーカーは常により良いヨーヨーをリリースすべく、様々なヨーヨーを開発している。精度が高くよく回り、安定感があり、コントロールもしやすい…そんな各ステータスをいかに高くするか、どうバランスを取るかを求めているが、それだけでは図れないものもある。投げ出しの柔らかさやマイルドな操作感等、回りすぎないことのメリットもあって、そのメリットに最大限振れていくと、ゾディアックのようなヨーヨーが完成する。コンフュージョンコンフュージョンGT888GTのようなコンセプトのもと製作されているのだが、こういう「遊べるヨーヨー」をリリースするのはヨーヨーファクトリーならでは。

ヨーヨー本来の引いて戻すことの楽しさや、肩肘張らずに使える癒しのヨーヨー、ゾディアック。メーカー公式コメントとしても、「ポケットに入れて持ち歩いて、いっぱい使い込んでね!」といったニュアンスのことを言っている。また、引き戻し用の薄型ベアリングも付属されているが、ワイドベアリング(通常のサイズCベアリング)での使用が推奨されている。2020年のヨーヨー業界において、原点回帰か新鮮さか、人によって感じ方も違うと思うが、トレンドに背を向けたヨーヨーだから味わえる面白さがそこにはある。


ワンドロップ「ワントゥーワン」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#093】

こんにちは、リワインド渋谷店スタッフのアルです!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

前回のラディウス7068に続いて、第93回はOneDropのワントゥーワン (1to1)です。

リワインド渋谷店の伊藤が「ito one」と言っていたワントゥーワン。見た目のインパクトがまずスゴい。直径と幅が同じ(比率が1対1)という珍しいヨーヨーで、ここまで幅が広いとどうしてもブレが出やすい問題もあり、なかなか作られることがない。過去に同じコンセプトの物がなかった訳ではないが、幅が広いからと言って実戦向きでもなく、この設計に挑戦するメーカーはほとんどなかった。2019年、ワンドロップがその無茶な設計に挑んだ。

ワンドロップの公式コメントによると、近年のヨーヨーの直径と幅の比率の平均は、幅が直径の70%~80%という物が多く、幅が広い物だとシュガーグライダーの84%、狭い物だとディープステートの50%とのこと。100%のワントゥーワンは、直径・幅共に約53mmという凄まじいスペックとなっている。幅の広さはトラピーズの成功率向上に繋がるが、広ければ良いというものでもない。前述の通り、とてもじゃないがコンテストユースではないし、初めてヨーヨーを買おうとしている人に勧められる機種ではない。だがしかし、ワントゥーワンは良いヨーヨーだ。こういうヨーヨーがあってこそ、ヨーヨーの奥深さを知ることができる。

ワントゥーワンの魅力は、唯一無二なこと。「ありきたり」という言葉から限りなく遠く、星の数ほどあるヨーヨーの中でも、他に形容できない魅力を持つ。ヨーヨーの沼にハマった人にとっては、未体験の大きな衝撃と新鮮さを体感できる逸品だ。今まで使ったことのないタイプのヨーヨーを使うと、今まで出来なかったことが出来たりして、とにかく面白い。コレクション向けのコンセプトモデルという位置付けだが、こんなヨーヨーこそぜひ使って楽しんでもらいたい。