C3ヨーヨーデザイン「フローレス(2020年版)」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#087】

こんにちは、リワインド渋谷店スタッフのアルです!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

前回のタイタニックに続いて、第87回はC3yoyodesignのフローレス(2020年版)です。

C3ヨーヨーデザインのオフストリングヨーヨー「フローレス(2018年版)」が「フローレス(2020年版)」にアップデートされた。C3所属の世界チャンピオン、岩倉玲選手のシグネチャーモデルとして開発されたフローレスは、超重量級ヨーヨーとして異彩を放ち、数あるオフストリングヨーヨーの中でも個性が際立っていた。最初はその重量から、ニッチな層に受けるのかと思いきや、蓋を開けてみたら意外と多くのプレイヤーに受け入れられた。そんなフローレスのニューバージョンは、前作からガラリと姿形が変わっている。

まず、見た目からして違うとわかる部分として、金属のウェイトリングが装着されている点が挙げられる。ワンポイントのカラーアクセントとしても目を引くが、ヨーヨーの性能を押し上げるという点で、これが大きな意味を成している。アルミ製のリングなので、ステンレスや真ちゅうと比べれば軽いが、それでもこのリングがあることで、回転力の底上げや安定感を生み出している。

その他の大きな変更点としては、軽量化されていること。重さが特徴だったフローレスが軽量化されるということは、個性がなくなってしまうんじゃないか。そう思ったりもしたが、比較的軽くなっただけで、軽いヨーヨーになった訳ではない、というのがポイント。むしろウェイトリングが付いていることで、回転中の手応えはしっかりと残っているし、直径が小さくなっているのに幅は広くなったりと、オフストリングヨーヨーの進化が目に見えてわかる結果となった。「もっとこうなればさらに良くなるな…」という岩倉選手の意見やユーザーの声に見事応えてみせたC3の手腕が素晴らしい。岩倉選手自身、以前出来なかったことが新型フローレスで出来るようになったと太鼓判を押している。価格は正直高いけれど、それに見合うだけのヨーヨーとして洗練された仕上がりとなっている。


ヨーヨーファクトリー「ループ720 (2019JN)」【リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ#007】

リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ」と題して本日紹介するのは、YoYoFactoryのループ720 (2019JN)です。

ヨーヨーファクトリー「ループ720」の2019JNバージョン

「JNって何?」というところから説明すると、Japan National Yo-Yo Contest(全国大会)のことをJapan Nationalsと略すことがあり、その頭文字を取ってJNと表記されます。(JNについて詳しくはJYYF公式サイトをご覧ください)

このループ720 (2019JN)は、そんなJNの2019年度の大会を記念して作られたもの。大会限定版ということでロゴが違うのはもちろん、通常版には無いホワイトキャップというのもポイント。

また、スペーサーが通常版と異なりグリーンのスペーサーが初期搭載されています。そのため、ルーピング特化というより、スリープしやすくなっているぶんブランコや犬の散歩といったベーシックトリックがやりやすいビギナー向けセッティングになっています。

2019年のJNから早1年以上経ちましたが、同大会のフリースタイルビデオは今見ても新鮮です。上位入賞者のビデオはこちらにまとめてあるのでぜひご覧ください!

そして、エキシビジョンとして行われたトリックバトルトーナメントも、豪華メンツで見応えあるので一見の価値あり!

 


【ヨーヨークリップビデオ紹介#012】Pro YoYo Tricks Across Asia


Pro YoYo Tricks Across Asia

ヨーヨーファクトリーのアメリカ本社のメンバーが2012年に来日した際に撮影された、ヨーヨーファクトリーチームメンバーによるクリップビデオ。日本人メンバーのパートは確か「ハイパーヨーヨーフェスティバル’12 SPRING」が終わった後に撮影されたものだったと思います。

なぜかディズニーモーションチャンネルからアップされています。


iYoYo「タイタニック」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#086】

こんにちは、リワインド渋谷店スタッフのアルです!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

前回のフレックスに続いて、第86回はiYoYoのタイタニックです。

多くのブランドから様々なチタンヨーヨーがリリースされる昨今、ドイツのヨーヨーブランド「iYoYo(アイヨーヨー)」は、積極的にチタンのヨーヨーを作ってきたブランドのひとつだ。過去にはチタンボディにステンレスリムを取り付けた高級なバイメタルモデルも製作している。今作「タイタニック」はフルチタンモデルで、チタンヨーヨーとしては安価ながら完成度は高い。ユーザーの所有欲を満たし、満足度の高さも言うことなしの一品だ。

iYoYoの人気シリーズとしては、ヒドラ(モノメタル)、フィロックス及びフィロックス7075(アルミ+ステンレスリムのバイメタル)、エアダイブ(POM製オフストリング機種)、ティロックス(フルチタン)、ティソックス(チタン+ステンレスリムのバイメタル)というヒドラの系譜を継ぐシリーズと、iYoYoスチール(アルミ+ステンレスリムのバイメタル)、アイスバーグ(ポリカボ+ステンレスリム)、タイタニック(フルチタン)という2つの流れがあり、ここに列挙した中でもアイスバーグの人気は頭一つ出ている印象だ。そんな「アイスバーグのチタン版」という事だけでも、タイタニックが気になってる人は多い。

「氷山」を意味するiCEBERGに対して、氷山と縁の深いTiTANiCというネーミングの秀逸さは、iYoYoならでは。今やタイタニックを知らない人も多いが、映画『タイタニック』を観れば分かる通り、豪華客船タイタニック号 vs 氷山というストーリーをヨーヨーのラインナップに落とし込んでいる。ヨーヨーのiCEBRRGとTiTANiC、どちらに軍配が上がるかは使用する皆さんそれぞれの感想があると思うので、個人的にはどちらにも良さがある…と曖昧な回答に留めておくが、正直比べるのが野暮ってもの。
使いやすさ、美しさ、高級感、存在感と言った、ハイエンドヨーヨーとしてのあらゆるステータスが集約しているTiTANiCは、沈む船ではなく大船に乗ったつもりで手にして良いだろう。


ダンカン「ビッグファン」【リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ#006】

リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ」と題して本日紹介するのは、DUNCANのビッグファンです。

以前、ピックアップアイテム FROM 渋谷店でも紹介したビッグファン

大きくて、気軽に振れて、遊べるヨーヨー。色展開もカラフルで良いですね。限定版もあり、現在販売中のDUNCAN EQUALS LOVEもかわいいし、モングーエディションは他の機種のモングーとイラストが異なっていたりと、集めるのが楽しくなります。

実はキャップを外すと、48mmキャップがハマるヨーヨーに付け替えることができたりします。キャップの外し方はダンカンが公式で解説している動画を公開しています。(英語のみ)


マウル「フレックス」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#085】

こんにちは、リワインド渋谷店スタッフのアルです!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

前回のスカイヴァに続いて、第85回はMowlのフレックスです。

マウルのプロデューサーである奥山瑛二氏は、競技者として世界大会で二度も優勝している。その二度のタイトルはいずれも4A部門。つまりオフストリングだ。奥山氏はオフストリング黎明期から活躍し、「エイジリジェネ」というトリックを開発したことでも知られている。そんな彼がプロデュースするブランドのオフストリングヨーヨーとなれば、生半可な物は作れない。そんな中で完成したマウルの最初のオフストヨーヨー「アナーキー」は、多くのプレイヤーの期待に応え、とても評判が良かった。

マウルのオフストヨーヨー第2作目、アルマジロのロゴがアイコンとなっている「フレックス」は、マウルのアンバサダーであるチェコの4Aプレイヤー、Fery Procházka選手のシグネチャーモデル。Fery選手は十代の若さでEYYC(ヨーロッパ大会)を連覇し、チェコ大会でも優勝している。YouTubeにある彼のビデオをぜひ観てほしいのだが、トリックのレベルがとにかく高い。世界トップクラスの実力を持つ彼の武器として誕生したフレックスは、高難度のトリックを可能にするパフォーマンスを発揮してくれる。

ラウンドを基調としたHプロファイルだったアナーキーに対して、フレックスはシャープな形状だ。そして何より、手に持った時に感じる「大きさ・幅の広さ」がフレックス最大の強みと言える。そのサイズのおかげで、リスキーなトリックも決まりやすい。大きな斧を振り下ろすかのごとく、ありとあらゆる物をなぎ倒す強力な一撃を放つヨーヨー。そんなイメージを持ちつつも、意外にも軽やかで、ふわりと宙を舞うような滞空時間を体感することもできる。クセがありそうで実はプレイアビリティが高く、直観的な操作ができるのがフレックスの真骨頂かもしれない。


あなたの知らないハイエンドヨーヨーの世界

「高いヨーヨーって何が違うの?なんでそんなに高いの?」

よく聞かれるこの質問にお答えします!

 

リワインドで取り扱ってるヨーヨー本体を価格順に並べたところを見ていただくと、数万円するヨーヨーが目に入ると思います。

一番高価な物だと「アングラム アポジー」というヨーヨー。¥91,800もします。(現在は完売)

 

まず、ヨーヨーの素材によるレベルの違いをざっくりと説明すると、

プラスチック<モノメタル<バイメタル<チタン

性能も価格も、大体この順番で高くなっていきます。(必ず全部がそうという訳ではありません)

■プラスチックヨーヨー

(左から、ワンスタースピーダホリックXXループ720
昔からあるオーソドックスな物で、初心者向け・子供向けの物が多いです。ルーピングモデルは初心者向け~上級者向けまでほぼ全てがプラスチック。また、プラスチックのバインドヨーヨーなんかは、ある程度トリックが出来る人が普段使い用として使用することも。金属に比べてやわらかい素材なので壊れやすいのがデメリットですが、安価なのと、温かみがあるのがプラ機種の良いところ。

■モノメタルヨーヨー(アルミニウム)

(左から、シャッターセントエルモクラウン
単一金属と言う意味ではオールチタン製の物もそうなんですが、ここでは主にアルミニウム合金で作られた物ということで解説します。厳密にはアルミの中にもA6061やA7068といった種類がいくつかあります。現在販売されているヨーヨーの中で一番種類が多くて、バインド入門機種~上級者が使用する物までたくさんあります。

■バイメタルヨーヨー

(左から、フラッシュバックアングラムピナクルシャッターバイメタル
2種類の金属を組み合わせて作られたヨーヨーのこと。アルミ+ステンレスの物が多いですが、真ちゅうやチタンが使われることもあります。外周にステンレス等を使うことで、モノメタル以上の回転力や安定性を得ることができる競技志向の強いヨーヨーです。いわゆるハイエンドヨーヨーと呼ばれるヨーヨーはこの辺のライン以上を指すことが多いです。

■チタンヨーヨー

(左から、フォッシルタイタニック朱雀
その名の通りチタンで作られたヨーヨー。チタンという素材はアルミよりも加工が難しく、製造コストもかかってしまうので高価な物が多いです。硬いぶん丈夫なのも特徴。回転しているチタンヨーヨーをアスファルトに付けると、火花が散ります!正真正銘のハイエンドヨーヨーですね。
ちなみに、チタンにステンレスが付いたバイメタルなんていう高級品も存在します。

 

製造方法、生産数、生産地、精度、表面処理の仕方などで価格は変動しますが、おおよその認識としてはこんな感じです。

 

では、ハイエンドヨーヨーは何が良いのか?(何がプラスチックやモノメタルと違うのか?)

ずばり、性能の高さや使い心地です。

モノメタルが乗用車だとすると、バイメタルはスポーツカー、チタンはF1カーみたいな物だと思えばイメージしやすいかも。

圧倒的な回転力、安定感、スリープの伸び、そして何よりハイエンドヨーヨーを手にした時の満足感は何とも言えません。

特に、チタンヨーヨーのフィーリングは、手にした人だけが味わえる至福のひと時です!

もちろん、プラスチックにはプラスチックの良さがあったり、バイメタルは「回転が強すぎて、引っ張られる感じがして苦手」という方もいます。必ずしもチタンだから最高という訳でもありません。世界大会の歴代の1A部門チャンピオンの使用機種を見ると、意外とモノメタル使用率が高かったりします。

どれにも個性があり、フィーリングも異なるので、なるべく色々な種類を手に取って試してみてほしいと思います。そして、やっぱり一度はチタン使ってほしいな~…というのが、個人的な意見です!


【ヨーヨープレイヤー紹介#010】YukkiYOYO(鈴木幸宏さん)

■YukkiYOYO(鈴木幸宏さん)

本名、鈴木幸宏(スズキユキヒロ)。1985年9月1日生まれ。神奈川県横浜市出身。ユッキーの愛称で親しまれ、ステージネームではYukkiYOYOと呼ばれていました。
1997年~のハイパーヨーヨーブームでヨーヨーを始め、1999年1月に開催された第4回ジャパンチャンピオンシップ関東大会チームプレイ部門では「じっくりコトコトにこんだチーム」のメンバーとして出場し優勝。以降はソロでコンテストに出場するように。短いストリングでループ系トリックを流れるように繰り出すスタイルが評価され、国内トップクラスの実力者として全国的にも名が知れ渡るようになっていきます。そして、2002年に開催されたUTYJ Yo-Yo Competition vol.04 National(全国大会)AA部門で優勝。2002年にアメリカの老舗ヨーヨーブランドYOMEGAのスポンサーチームに加入し、同年の世界大会では準優勝、翌2003年世界大会は3位入賞と、競技プレイヤーとして輝かしい成績を残しますが、この頃からパフォーマンスに重きを置くようになります。

高校在学中に大道芸を始め、地元横浜でヨーヨーパフォーマーとしての経験を積んでいきます。高校卒業後、単独フランスへ渡り、CNAC(フランス国立サーカス学校)に入学。ヨーヨーメインの人としては史上初でした。言葉もわからないフランスで一人、日々鍛錬を繰り返す毎日。計り知れない忍耐力と努力で学校を卒業し、一人前のパフォーマーへと成長していきます。技術・表現力共に突き詰めた彼のことを、人々は次第に「ヨーヨーパフォーマー」ではなく「ヨーヨーアーティスト」と呼ぶようになります。YukkiYOYO自身は「おもちゃ」として始めたヨーヨーがいつしか、己の世界観を表現する手段となり、まさにアーティスト(芸術家)として評価されるようになりました。フランスを中心にヨーロッパ各地のサーカス、劇場、キャバレーなどで活躍するようになり、ヨーヨーのパフォーマンスを生業とする人としては先駆者となっていました。

フランスでのYukkiYOYOの活躍や暮らしぶりは、『パリでメシを食う。』(川内有緒著/幻冬舎文庫)で「孤高のヨーヨー・アーティスト」として詳しく書かれています。彼の心の内側や、物事に対して純粋な気持ちで向き合っていく姿は、そのままパフォーマンスの世界観へと繋がっている気がします。アクロバティックな動きをしながらも、とても繊細で、人も空気も巻き込んでいくような演技は、今でも彼にしか作ることのできない世界だったと思います。

YukkiYOYOは『ジョジョの奇妙な冒険』が好きで、「ジョジョ立ち」というポーズを外国の行く先々で人に教えていました。そのため、彼の写真はジョジョ立ちをしていることが多いです(笑)
そういった所でも、人への影響力があった人物だったことが伺えます。

2012年6月27日、公演先のドイツで不慮の事故により逝去。26歳という若さでした。
亡くなる数日後に開催された日本の全国大会に来場予定でしたが叶わず、同大会の会場のステージ横には彼の写真が飾られ、黙祷が捧げられました。その年の世界大会のパンフレットにも訃報が書かれ、YukkiYOYOと仲の良かったブラジルのラファエル・マツナガさん(2002年5A世界チャンピオン/ナショナルヨーヨーマスター)がメッセージを寄せています。

個人的には付き合いが長く、いろんなことが思い返されます。2010年にフランスまで会いに行ったこともありますが、フランスの全国大会で会ったのが彼との最後でした。

今日6/27はYukkiYOYOの命日です。亡くなってから丸8年。今でも亡くなったことが信じられません。今でも彼はどこかで生きてるんじゃないかという気さえします。

ご冥福をお祈りすると共に、彼が天国でも笑顔でヨーヨーをしていることを願います。


Photo by ©Nana

 

主なタイトル:
2004年 全国大会 2A部門 3位
2003年 世界大会 2A部門 3位
2002年 世界大会 2A部門 2位
2002年 UTYJ vol.04 ファイナル(全国大会) 2A部門 優勝
2001年 UTYJ vol.04 東京大会 2A部門 優勝
2001年 UTYJ vol.03 ファイナル(全国大会) 2A部門 4位
2000年 UTYJ vol.03 東京大会 2A部門 優勝
2000年 第6回ジャパンチャンピオンシップファイナル フリースタイル部門 5位
2000年 第6回ジャパンチャンピオンシップ関東大会 フリースタイル部門 2位
1999年 第4回ジャパンチャンピオンシップファイナル チームプレイ部門 3位
1999年 第4回ジャパンチャンピオンシップ関東大会 チームプレイ部門 優勝


マジックヨーヨー「スカイヴァ」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#084】

こんにちは、リワインド渋谷店スタッフのアルです!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

前回のハイパーレイダー&ステルスレイダーに続いて、第84回はマジックヨーヨーのスカイヴァです。

ここ数年、ヨーヨーは数日おきに各社から新製品が発売され、把握しきれないほどの数が存在する。その中でもヒット作があり、「この年はこのヨーヨーが流行った」というベストセラーは何年経っても語り継がれる。皆さんそれぞれに「ヨーヨーオブザイヤー」があるかと思うが、2016年のヒット作で思い返されるのは、ラフトヴァークのJeffery Pang氏とマジックヨーヨーのコラボモデル「スカイヴァ」だ。今年再生産され、再び注目を集めている。

バインド仕様のプラスチックモデルとして誕生し、安価ながら良い意味で価格にそぐわない性能と、フィンガースピンスポットがあることで当時のフィンガースピンブームに上手く乗る形で評判を呼んだ。リワインドに在庫が無くなってからも「スカイヴァありませんか?」と買いに来る方も少なくなかった。そんな名作スカイヴァが戻ってきた。当時買った方、買えなかった方、そもそもスカイヴァというヨーヨーを知らない方にとっても、「買い」な一品。気軽に使えて、なおかつフィンガースピンにも挑戦できる(しかも指に乗せやすい!)コストパフォーマンスの高さではトップクラスなヨーヨーだ。

マジックヨーヨーからのリリースではあるが、ヨーヨーの設計からパッケージデザインまで手掛けているのはラフトヴァークのオーナーJeffery Pang氏なので、実質ラフトヴァークのヨーヨーと言っても過言ではない。チタン素材のヨーヨー製作を行っている超高級ブランドというイメージの強いラフトヴァーク(在庫のあるエヴォーラ Ti 7075も至高の作品!)が、もしプラスチックヨーヨーを作ったら…という夢の企画がスカイヴァなのである。僕も個人的に持っているが、発売から4年経っても色褪せないと感じるし、きっとこれから数年経ってから使ってみてもその良さは変わらないと思う。ラフトヴァーク渾身の力作を手頃な価格で手にすることができるので、ぜひ使ってみてほしい。


ヨーヨーファクトリー「ブレイド 2.0 プロトタイプ」【リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ#005】

リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ」と題して本日紹介するのは、ヨーヨーファクトリーのブレイド 2.0 プロトタイプです。

前々回のホライゾン プロトタイプに続いてYYFのプロトタイプなので、コレクション性よりも実用性重視なヨーヨーです。

正直、写真を見ただけではピンと来なかったんですが、使ってみてビックリ!めちゃくちゃ使いやすい!動かしやすいのに安定感があります。これだけ性能の良いヨーヨーが5,000円切っていることにさらに驚きました。

プロトタイプなので正規リリース版で仕様が変わるのか、まったく変わらず出るのかはわかりませんが、1個持っておいて損はないヨーヨーです。