ターニングポイント「カウンタージェット」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#122】

こんにちは、リワインド渋谷店スタッフのアルです!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

前回のメタヴィティに続いて、第122回はTurning Pointのカウンタージェットです。

近年のターニングポイントの代表作となった「カウンタージェット」が、2021年にリニューアルされた。ターニングポイント2(以下、TP2)のバイメタルバージョンという位置付けだが、形状が近いこと以外はもはや別物と言えるくらいカウンタージェットは独自性があり、TP2の面影を残しながら今回のアップデートによってさらに根幹が見直されている

TP2と同じ直径約50㎜という小型サイズながら、カウンタージェットはバイメタルであることの恩恵を大きく受けて大変パワフルなモデルとなっている。この約50mmという直径のヨーヨーは意外と少なく、現在リワインドで販売中のヨーヨーだとDV888くらいしかない。小回りが効いて、かつ幅広のトレンドを取り入れたデザインのバイメタル。それだけでカウンタージェットのアイデンティティは確立されている。

ありそうでないポジションの仕様というだけではない。先述したように幅広ではあるが、新型になってより中心を軽く、リムの範囲を広く取ったTPならではの設計が人気の秘訣だ。TP2のソリッドなフィーリングから、やわらかく、重量感に対して軽快に感じるフィーリングへとシフトされ、操作性が格段に向上している。軽く投げただけで十分なほどの回転力と安定感が生まれ、ミドル・アンダーサイズをあまり使わない人にとっても納得してもらえるようなヨーヨーに仕上がっている。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1997年のハイパーヨーヨーブーム初期からヨーヨーを続け、幅広い交友関係を持つ。ヨーヨーコレクター。元チームヨーヨージャムメンバー。2003年世界大会3A部門準優勝。上野ヨーヨー練習会主催者。音楽と散歩が好きでのほほんとした性格だが、一人でふらっとどこへでも、神出鬼没に日本各地や海外にも出向く行動派。あだ名は「アル」もしくは「アルちゅん」。

目次
閉じる