オイル注入(ボールベアリング)


解説は0:24~1:28

ダークマターリューブを使用する場合はこちらをご覧ください。

ボールベアリングに直接オイルを注入する

ベアリングへオイルを注入し、ベアリングを保護します。
引き戻しのヨーヨーは、新品のときのような戻りを復活させます。
ベアリング「だけ」に直接オイルを注入するのがポイントです。

※ヨーヨーファクトリーのループ720のようなルーピングヨーヨーやヨメガのヨーヨー、ハイパーヨーヨーのヨメガブランド機種(クロスドラゴン、スピンフェニックス、ファイヤーボール、レイダーなど)のオイルメンテナンスを必要とするヨーヨーは「アクセルに塗布する」を参考にして下さい。

■用意するもの

・ティッシュ

・オイル(ワセリンよりオイルがオススメです)

バインド必須の状態 (引いても戻ってこない) のままで、ベアリングの保護が目的の場合

YYFダークマターリューブがおすすめ。通常のオイルより若干手間がかかりますが、ベアリングの性能を引き出します。使い方は当ページや動画商品ページなどを参考にしてください。
ストリングトリックオイルYYF パフォーマンスオイル (ロングスピン)などもおすすめです。
戻りを強くさせるものに比べ、水っぽくサラサラなオイルです。

戻りを復活(強く)させる場合

引き戻し状態のアローなどの戻りを強くするために使用する場合、少し粘度が高い(ドロドロしている)オイルがおすすめ。
ルーピングオイルか、YYF パフォーマンスオイル(ループ/レスポンス)など。

どのオイルも可燃性はありません。
すぐになくなる物ではないので、とりあえず1本もあれば十分でしょう。

【写真:YYFダークマターオイル】次世代のベアリング保護リューブ。ドライ被膜という膜でベアリングを保護します。

■準備ができたら、いよいよ作業開始

0.ボディを分解する

ヨーヨーを落としたり、中の細かいパーツをなくしたりしないよう、必ずつくえの上で「ゆっくり」作業します。


1.ベアリングをはずし、ティッシュの上に置く

ベアリングが手ではずれないものは、こちらを参考にしてください。
手ではずせるのであれば、そのまま普通にはずします。

ティッシュは、1枚を適当に折りたたみ、重ねる。

2.ベアリングにオイルを注入する。

バインド仕様のベアリングの保護が目的の場合は半滴ほど、戻りを強くする場合は1~2滴ほどでOKです。
ベアリングの中に、オイルをしみこませるようなイメージです。もしオイルが出すぎても、構わずそのまま次へ進んでください。注入したあと1分ほど放置しておくと、より中に浸透させることができ、余分なオイルをティッシュに流すこともできます。

バインド仕様のベアリングに、ストリングトリックオイルは一滴では多いイメージ。本当に効果があるの?ぐらいの量にしておかないと、強く引っ張ると戻ってきます。

容器から直接注油するのが難しい場合、ピンセットなどを使って注油する量を調整する方法もあります。


引き戻し用ベアリングへ戻りを強くするルーピングオイルを注入。足りない場合はあとでもう一度つけてあげればいいので、オイルをムダ使いしないために、ほんの1滴~2滴くらいにしておく。

3.ベアリングをティッシュで拭く

外側にもれてしまったオイルは、ここでキレイに拭きとります。とくに、ストリングにオイルがしみこむとすぐ痛んでしまうので、忘れずに拭きとってあげましょう。

キレイにオイルがついたと思っても、案外ベアリングはベタベタしているもの。うまくオイルをつけれたかどうかに関わらず、必ず拭いてあげること。

4.オイルを馴染ませる


ピンセットにベアリングをセットし、指ではじいてベアリングを回転させる。これによってオイルをベアリング全体にいきわたらせます。戻りを強くする場合は軽く2~3周回す程度でOK。YYFダークマターオイルを使用している場合はしっかり回します。

5.組みなおして、完成!

戻りを強くする場合は試しにスローして、戻りが弱かったら、もう一度オイルをつけましょうバインド必須のヨーヨーにオイルを注した場合は、はじめは強めに引くと戻ってきますが、ある程度(場合によっては1~2時間)使い込むと、戻りが弱まってきます。

■ボディはオイルに弱い

オイルというのはメンテナンスにとても大事なものなのですが、実は「多すぎるオイル」はプラスチックのボディを痛めます。ボディのヒビ割れの原因となったりして、ヨーヨーの寿命を縮めてしまうので、オイルでべとべとになってしまったボディは、キレイに拭いてあげてください。また、どんなヨーヨーでも、表面がベタベタなってしまっていると、いきなり手からスッポ抜けたりしたり、レスポンスにうまくストリングが引っかからず回転力が弱まってしまったり、思わぬケガの原因となったりもしますので、同じくキレイに拭いてあげましょう。
正しいメンテナンス方法、正しい扱い方を身につければ、ヨーヨーを長持ちさせることができます。