ベアリングのはずし方

ベアリングのはずし方

ベアリングが手で取れないものは、ペンチではずします。
とくに最近は、回転精度を高めるためベアリングをガッチリとロックしているヨーヨーが増えました。そういったヨーヨーのベアリングを交換したりしたいときは、この方法でベアリングをはずしてあげてください。
※工具は慎重に扱いましょう!子どもだけで扱わせないよう注意してください。ペンチで指をはさんだりしてしまうと、ケガの原因となります。ペンチの取扱説明書もあれば、よく読んでおきましょう。
※ベアリングをはずすとき、力の入れ方次第ではベアリング破損の危険があります。必ず慎重に行って下さい。もし破損してしまった場合はベアリングを新しいものに交換して下さい。(交換用ベアリング一覧)

■用意するもの

・ペンチ(サイズに注意)
実際に買う前に試しておくと安心です。
お店の人に聞き、一度はずしたいベアリングに使えるか試してから購入しましょう。

【写真1】ベアリングはずしの時、ペンチはここを使う。つまり新しくペンチを買うときには、この穴にベアリングがちゃんとはまるかどうかを注意すること。

■準備ができたら、いよいよ作業開始

0.ボディを分解します

ヨーヨーを落としたり、不意にパーツをなくしたりしないよう、必ずつくえの上で「ゆっくり」作業します。

【写真2:キックサイド(ヨーヨージャム)】ベアリングは、どちら側のボディについていても問題ない。

1.ベアリングをペンチではさむ

ペンチの穴でベアリングをはさみます。思いっきり握るとベアリングが壊れてしまうので、注意しましょう。


【写真3:キックサイド(ヨーヨージャム)】穴にしっかりロックする。ボディにもキズをつけないよう、丁寧にやること。ゆっくりやれば、ベアリングはずしはカンタンにできる。

【写真4:キックサイド(ヨーヨージャム)】ふつうキズはつかないが、それでも不安な場合は、ティッシュを2枚に重ねて、その上からベアリングをはさむようにする。

2.カタカタと左右にゆらしながら、ベアリングをはずしていく

まっすぐ上に引き抜くのではなく、左右にゆらしながらというのが大切です。

【写真5:キックサイド(ヨーヨージャム)】左右にカタカタとゆらす。ペンチでケガをしないよう、必ずゆっくり作業することが大切。

3.無事はずれれば、作業完了!


【写真6:キックサイド(ヨーヨージャム)】作業はこれでおしまい。なれてしまえばとてもカンタンな作業となる。ベアリングはとてもデリケートなパーツなので、大切に扱うこと。