ダンカン「フリーハンドONE」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#176】

リワインド渋谷店スタッフのアルです!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

前回のペレグリンに続いて、第176回はDUNCANのフリーハンドONEです。

ダンカンの「フリーハンド」が発売してから20周年となった節目の2021年に、新規プロジェクトとして生まれた復刻版が「フリーハンドONE」だ。再販の声が最も多かった機種ではないかと思うくらい、世界中にファンのいるヨーヨーだと思うが、今回は「これを待っていた」というプレイヤーも多いことだろう。当時を知る者としては20年前のヨーヨーの復刻を目の当たりにして、とてもうれしく、懐かしく、感慨深いものとなった。懐古主義ではないが、20年という月日は長い。

これまでにフリーハンドのリファインというのは何度もあった。フリーハンド2と呼ばれる物から始まり、バンダイの第2期ハイパーヨーヨーにもフリーハンドがあったり、FH ZEROなんかは馴染みのある人もいるかもしれない。最近だとメタルボディになったフリーハンドALフリーハンド ONE ALフリーハンド ONE Tiなどが記憶に新しいが、やはりオリジナル形状のプラスチックボディは一番フリーハンドらしさがある。

出荷時にはベアリングにオイル(グリス?)が入っていて、かなりレスポンスの強い引き戻し仕様となっている。そのまま使うのも良いが、オススメは一度脱脂してオイルを1滴差し、半バインドのような状態で使うのが楽しい。ヨーヨーをストリングの上で滑らせつつ、最後は一瞬浮いた感じになりながらダイレクトに戻ってくる。回転が弱い時はバインドで戻してあげる。といったセッティングで、当時を知らなくても「こういうヨーヨーもあるんだ」と楽しんでもらえたらうれしい限り。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1997年のハイパーヨーヨーブーム初期からヨーヨーを続け、幅広い交友関係を持つ。ヨーヨーコレクター。元チームヨーヨージャムメンバー。2003年世界大会3A部門準優勝。上野ヨーヨー練習会主催者。音楽と散歩が好きでのほほんとした性格だが、一人でふらっとどこへでも、神出鬼没に日本各地や海外にも出向く行動派。あだ名は「アル」もしくは「アルちゅん」。

目次
閉じる