ターニングポイント「MIID-Y」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#149】

こんにちは、リワインド渋谷店スタッフのアルです!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

前回のボレアリスに続いて、第149回はTurning PointのMIID-Yです。

2004-05年5A部門全国チャンピオン、石原弘康選手シグネチャーモデルであるターニングポイントの「MIID-Y(エムツーディーワイ)」は、「ターニングポイント2」(以下、TP2)がベースとなって開発されたワイド系のモノメタルヨーヨーだ。しかし、TP2とは全然違った表情を見せる別物のヨーヨーとなっている。

TP2をより強固にしたようなMIID-Yだが、強固と言っても「硬さ」ではなく、パワーだったり安定性だったり、スリープの伸びであったりと、「あと少しこうあってほしい」という伸びしろが追加されているような印象だ。TP2はTP2で軽快さが売りなのでどちらが良いという物ではないが、MIID-Yのほうが実戦向き・競技プレイヤー向きと言えるだろう。

今作はサイドキャップが取り付けられるようになっているのが大きな特徴のひとつである。付属のキャップを装着することで、見た目だけでなく使用感がガラッと変わる。重量アップだけでなく、中空ヨーヨーのようになることで独自の使用感を得られる。また、ヨーヨーとダイスがぶつかった時の音も緩和される。吸盤で簡単に取り外せるので、気軽に仕様が変えられるのはうれしいポイント。


Comments are closed