ストリング(ヒモ)の長さを調整しよう

ストリング(ヒモ)の長さを調節する。

ヨーヨーを手に入れても、ヒモについてる輪っかに指を通してはいけません!
このままだと、ヒモが長すぎてヨーヨーが地面にぶつかります。まずは必ず、ヒモの長さを調節しましょう。

ちなみに…ヨーヨーのヒモのことを「ストリング」といいます。

(ストリングがヨーヨーについていない場合は、ストリングの交換方法を参考に、ストリングをヨーヨーにつけてください)

ストリングの先(小さな輪っかがある方)を持ち、ヨーヨーを床に置く。だいたいヘソのあたりがベスト(ちょっと上でもOK)。長すぎても短すぎてもヨー ヨーがやりにくくなります。身長の高い人は、特に切る必要はありません。

stcut1

 

 

ストリングの先に輪っかを作る。

(背が高いなど、最初にストリングを切らない人はあらかじめ出来ているので作る必要はありません)

切った後のストリングの先端部分を2つに折って、2本まとめて結び、切る前のように結んで小さい輪を作ってください。

直径2cmぐらいを目安に。(最初にできているわっかの大きさを参考に)

sthole

 

>>ストリングの巻き方