【解説】ツーハンド・ラップの始め方 『第3回 “腕からストリングをほどく”』 ウーキーの後半パートの練習

第0回はこちら
第1回はこちら
第2回はこちら

ここまでツーハンド・ラップの導入部分にふれてきましたが、今回はラップをほどく、つまりウーキーの後半部分を集中練習します。

腕からストリングが外れたときの「こうなるんだ!」という感動は代えがたいものがあります。ポイントは、利き手側のヨーヨーは遠心力を利用して軽く前へ振ること。そのあと腕の外側を通せば、思いっきり回そうとしなくても自然と外れてくれます。アラウンドにも力はいらないので、全体を通して肩の力を抜きながら軽い力で投げて、回すようにしましょう(思いっきりスローして失敗すると痛い&ヨーヨーが壊れるリスクも)。

これで、第1~3回で最終目標である「1回腕にかけてほどく」全体を部分部分で習得したことになります。あとは、これをすべてつなげます!

次回はいよいよ最終回!更新は7/27(金)の予定です。


7/23(月)18:30ごろ、NHK「まるっと!」に生中継で出演します ※愛知県内での放送


7/23(月)18:30ごろ、NHKのニュース番組「まるっと!」に生中継で出演します!
岩倉市との取り組みで製作している岩倉MADEヨーヨー(仮)の紹介や、リワインドについてなど取り上げていただく予定です。

番組自体は東海三県での放送ですが、生中継が始まるのは各県スタジオからの時間帯ですので、視聴いただけるのは愛知県内のみとなります。可能な方はぜひご覧ください!

※放送内容は、緊急ニュースなどの影響で予告なく変更となる場合がございます。

http://www4.nhk.or.jp/P4804/
まるっと! – NHK


【解説】ツーハンド・ラップの始め方 『第2回 “腕でループ/ホップを越える”』 通称「ウーキー」の基礎となるパートを公開!

第0回はこちら
第1回はこちら

腕にストリングをかけるトリックであるラップ系トリックの中で、ループ/ホップ中のヨーヨーを越える動きを「ウーキーコースター」と言います。通称「ウーキー」と言われ、特にラップ初心者に取って高いハードルとなっていました。おそらく過去にラップに挑戦し挫折した方は、ここで引っかかってしまったというケースが多いのではないでしょうか。

最終的にはウーキー・ファウンテンのような、ストリングだけで越える技もベースになってきますが、今回はまず腕でヨーヨーを越すことに慣れていただきます。こうすることで、どのタイミングでヨーヨーを動かしだせばいいかの感覚を、そして実際に越える瞬間はどんな感触なのかをつかむことができます。

うまく越えられない場合

第1回で行った「腕を固定した状態でのホップ」がうまくいっていないかもしれません。腕がバタつくと非常に難しくなります。

越えたあとループ/ホップを維持できない場合

体に力が入りすぎているかもしれません。越える動作の瞬間に手首が固まらないよう、リラックスしてトライしてみてください。

次回更新は7/20(金)の予定です。


【解説】ツーハンド・ラップの始め方 『第0回 “始める前に”』『第1回 “ラップのためのループ/ホップに慣れる”』二本同時公開!

これまで皆さんに、2A ルーピングのラップ系トリックのやり方や難度を少しでも体感していただくべく、片手版での解説をお届けして参りました。
そしてついに今日から、全四本(予定)にわたってツーハンド・ラップの始め方を、毎週金曜日に公開して参ります!今回のは自分で締め切り設定しておいてスゴいギリギリにできましたけど

初日の今回は二本同時公開!本編に入る前に見ていただききたいカンタンな説明と、記念すべき第1回です。インストラクターは以前PVを公開した高見祐希選手!

利き手でないほうの手(右利きなら左手)でのワープドライブを習得することで、すぐに挑戦できます。詳しくは第0回からご覧ください!

第0回 “始める前に”

第1回 “ラップのためのループ/ホップに慣れる”

当店としてもずっとやりたかった念願の解説、これで2A人口アップにつながれば本当に嬉しく思います。また、ラップができなくてお悩みの方に、少しでも役立ちますように!

次回更新は7/13(金)の予定です。


2018 Asia Pacific Yo-Yo Championships(アジア大会)1日目 生中継

7/6~8にシンガポールで開催されるアジア大会の公式生中継・1日目が、主催のSpinworkxにより行われます。
配信は回線状況等により予告なく終了、変更される可能性があります。

2日目以降の配信はこちらからもご覧いただけます。

http://www.asiapacyoyo.com/main/index.php/live/
アジア大会 公式生放送(YouTube Live)