More from: コレクションのススメ

ワンドロップ「シュガーグライダー」【リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ#011】

リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ」と題して本日紹介するのは、ONEDROPのシュガーグライダー

昨今のメタルヨーヨーはプロトタイプを経て製品化されることがほとんど。プロトと製品版がほぼ同じこともあれば、まったく違うこともある。必ずしもプロトより製品版が良くなるという訳ではなく、「プロトもプロトで良かったね~」という場合も少なからずあり、このワンドドロップのシュガーグライダーはその一例で、7年越しにお目見えすることになるとは誰も思わなかっただろう。

ワンドロップで一番人気があったと言っても差し支えないカスケード。シュガーグライダーは、そのアナザーモデルとして、ワンドロップ好きなら抑えておきたい。

スタッフのユタカの推しヨーヨーでもあり、「ワンドロップらしさ」が色濃く出ている独特のフィーリングは、使って初めて知ることのできるものだと思う。


ベースキャンプ「ムーシャイン 2.0」【リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ#010】

リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ」と題して本日紹介するのは、BASECAMPのムーシャイン 2.0

CLYW×YoYoFactoryのコラボ企画として始動したベースキャンプの「ムーンシャイン」がバージョン2.0としてアップデート。形状もベアリングサイズも変わり、「より遊べるヨーヨー」となりました。

引き戻しメタルというニッチな層を狙って製作されていますが、たまに使うと楽しいですし、木製キャップが目を引く、ちょっとオシャレなヨーヨーです。


スマッシングヨーヨーカンパニー「バウンス」【リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ#009】

リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ」と題して本日紹介するのは、Smashing Yo-Yo Companyのバウンス

スマッシングヨーヨーカンパニーは、2019年に活動停止を表明したイギリスのヨーヨーブランド。活動停止…つまりもうスマッシングヨーヨーカンパニーのヨーヨーは手に入らなくなるということ。
Hスピン、SPYY、ヨーヨージャム等、過去にいろんなブランドが活動終了し、後に再評価されるということも珍しくなかった。スマッシングヨーヨーも、もしかしたら再評価される日が来るかもしれない。

リワインドに最後に残っている「まだ買える」バウンスというヨーヨーは、飾り気はないが使っていて気持ちの良い機種で、どこかワンドロップを彷彿とさせるような雰囲気もある。落ち着いた英国紳士のような、イギリスらしさが漂うようにも思うのはこじつけすぎだろうか。

派手さはないが、さりげない存在感を持ったシンプルなメタルヨーヨー。性能ももちろんだが、コレクションにイギリスのヨーヨーを加えるという事自体がオススメのポイントでもある。

 


ハブレスヨーヨー「ドーナツバイトサイズ」【リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ#008】

リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ」と題して本日紹介するのは、Hubless Yoyoのドーナツバイトサイズです。

アメリカのヨーヨーブランド「ハブレスヨーヨー」は、これを書いている時点で「ザ・ドーナツ」と「ドーナツバイトサイズ」しかリリースしていない少し変わったブランド。

こちらのバイトサイズの方は、その名の通り一口サイズのドーナツを模したヨーヨーで、完全にコレクション枠。トリックを練習するのには向いていませんが、絵に描いたようなHプロファイル形状と穴あきボディは使い心地も独特。他にはない遊び心の塊のようなヨーヨーです。見た目もかわいいので、コレクションモデルとしては一級品ではないかと思います。

 


ヨーヨーファクトリー「ループ720 (2019JN)」【リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ#007】

リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ」と題して本日紹介するのは、YoYoFactoryのループ720 (2019JN)です。

ヨーヨーファクトリー「ループ720」の2019JNバージョン

「JNって何?」というところから説明すると、Japan National Yo-Yo Contest(全国大会)のことをJapan Nationalsと略すことがあり、その頭文字を取ってJNと表記されます。(JNについて詳しくはJYYF公式サイトをご覧ください)

このループ720 (2019JN)は、そんなJNの2019年度の大会を記念して作られたもの。大会限定版ということでロゴが違うのはもちろん、通常版には無いホワイトキャップというのもポイント。

また、スペーサーが通常版と異なりグリーンのスペーサーが初期搭載されています。そのため、ルーピング特化というより、スリープしやすくなっているぶんブランコや犬の散歩といったベーシックトリックがやりやすいビギナー向けセッティングになっています。

2019年のJNから早1年以上経ちましたが、同大会のフリースタイルビデオは今見ても新鮮です。上位入賞者のビデオはこちらにまとめてあるのでぜひご覧ください!

そして、エキシビジョンとして行われたトリックバトルトーナメントも、豪華メンツで見応えあるので一見の価値あり!

 


ダンカン「ビッグファン」【リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ#006】

リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ」と題して本日紹介するのは、DUNCANのビッグファンです。

以前、ピックアップアイテム FROM 渋谷店でも紹介したビッグファン

大きくて、気軽に振れて、遊べるヨーヨー。色展開もカラフルで良いですね。限定版もあり、現在販売中のDUNCAN EQUALS LOVEもかわいいし、モングーエディションは他の機種のモングーとイラストが異なっていたりと、集めるのが楽しくなります。

実はキャップを外すと、48mmキャップがハマるヨーヨーに付け替えることができたりします。キャップの外し方はダンカンが公式で解説している動画を公開しています。(英語のみ)


ヨーヨーファクトリー「ブレイド 2.0 プロトタイプ」【リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ#005】

リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ」と題して本日紹介するのは、ヨーヨーファクトリーのブレイド 2.0 プロトタイプです。

前々回のホライゾン プロトタイプに続いてYYFのプロトタイプなので、コレクション性よりも実用性重視なヨーヨーです。

正直、写真を見ただけではピンと来なかったんですが、使ってみてビックリ!めちゃくちゃ使いやすい!動かしやすいのに安定感があります。これだけ性能の良いヨーヨーが5,000円切っていることにさらに驚きました。

プロトタイプなので正規リリース版で仕様が変わるのか、まったく変わらず出るのかはわかりませんが、1個持っておいて損はないヨーヨーです。


C3ヨーヨーデザイン「クラウン(REWIND10周年記念限定版)」【リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ#004】

リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ」と題して本日紹介するのは、C3ヨーヨーデザインのクラウン(REWIND10周年記念限定版)です。

クラウンと言えば当店のベストセラー商品として不動の人気を誇るヨーヨーですが、2020年のリワインド10周年を記念した限定バージョンをC3ヨーヨーデザインに製作していただきました。

10周年ロゴがレーザープリントされ、通常版にはないカラーで2種類ご用意しました。(どちらもリワインドのテーマカラーをベースに配色!)

もちろん再生産はありません。お早めにどうぞ!

C3yoyodesign – KROWN
https://yoyostorerewind.com/jp/krown.html


ヨーヨーファクトリー「ホライゾン プロトタイプ」【リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ#003】

リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ」と題して本日紹介するのは、ヨーヨーファクトリーのホライゾン プロトタイプです。

ホライゾンと言えばポール・カーベル選手のシグネチャーモデルとして人気のある機種でした。しばらく廃版状態でしたが、近々リニューアルされることになり、今作はそのプロトタイプです。

旧型ホライゾンと比べると、特徴的なプロファイルはそのままに、だいぶ横幅が広くなっています。

しっかりと“PROTOTYPE”と書かれているので、正式リリースの際はレーザープリントは確実に変わります。ヨーヨー本体も仕様変更の可能性があるとのこと。


JPLS「ループアップ」(プレイヤーシグネチャーエディション)【リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ#002】

リワインド的ヨーヨーコレクションのススメのおすすめ」と題して本日紹介するのは、JPLS(ジャパンルーピングソリューションズ)のループアップ(プレイヤーシグネチャーエディション)です。

新進気鋭なルーピングヨーヨーとして爆発的な人気となっているループアップですが、先日、新色と共にプレイヤーのシグネチャーエディションがリリースされました。

幾度となく世界チャンピオンに輝いている山本拓馬選手、そして世界5位・アジア3位の実績を持つ高見祐希選手がJPLSのスポンサーメンバーとして所属しており、今回それぞれTakuma Yamamoto EditionYuki Takami Editionの2種類がシグネチャーエディションとして登場!日本を代表する2Aプレイヤー両名のモデルです。