チタン

ヨーヨーに関連する、どのカテゴリにも属さない質問や雑談はこちらで。ストリングやパーツの相談などにもご利用ください。
※大会のルールに関する質問は、各大会運営組織の方へ直接お問い合わせください。
返信する
nisi
記事: 68
登録日時: 2020年7月09日(木) 21:19

チタン

投稿記事 by nisi » 2020年9月08日(火) 22:22

チタンヨーヨーについての疑問ですがどの説明を見ても高性能とありますが、何故なのか気になります。
自分で調べて見ましたが、アルミより比重が重く強度もあるため薄く加工出来る事はわかりましたが、後は今一わかりません。
モノメタルよりもバイメタルがより回転しやすい傾向にあるのはわかりますが、チタンの特性をヨーヨー作成において技術的にどう生かしているか、詳しい方教えて頂けませんでしょうか?お願いいたします

アバター
yuzu
記事: 56
登録日時: 2015年9月17日(木) 13:38
お住まい: 山梨

Re: チタン

投稿記事 by yuzu » 2020年9月09日(水) 11:16

同じ重量のヨーヨーでも、外側に重量を配分すると、回転力が上がります。

バイメタルは、外側に比重の高いステンレスを使うことで、これを実現しているのはご存知かと思います。

チタンは、強度が高く中心部を薄くできますから、その分、外周部側を厚くでき、外側に重量を配分できます。


つまり、モノメタルでありながら、バイメタルに似た重量配分ができるので、

これによって、

モノメタルの操作性 + バイメタルの回転力 を目指せるのでしょう。
2015WYYFを見て感動!そこから離れたり戻ったり。

アバター
城戸慎也 (REWIND)
管理人
記事: 1485
登録日時: 2013年2月07日(木) 16:48
お住まい: 愛知
連絡する:

Re: チタン

投稿記事 by 城戸慎也 (REWIND) » 2020年9月09日(水) 11:23

薄く加工できるということは、設計側として重量を出来る限り乗せたくないところに乗せずに済むということになります。
ほかの(ヨーヨーにおいて一般的な)アルミ合金よりも重量はあるため、より薄く削らないといけませんが、その問題すらも乗り越えて削れるようです。

そのため、回転力が重視されやすいストリングトリック用ヨーヨーにおいては、重量を乗せるべきところに乗せる、削ぐべきところを削げるという理想的な素材ともいえます。

《余談》
よくリムやウェイトの素材として用いられるステンレスは、チタンよりも重く頑丈ですが(本来チタンは『軽く』『頑丈で』『錆びにくい』のが特徴)、逆に重すぎて全体のボディに使用すると重量バランスを保つのが非常に難しくなります。そのため種類が限られており、重さを活かしてミニヨーヨー()に使われるか、一般的なサイズ(フルサイズ)では当店では過去に1機種しか存在しません。
リワインドのスタッフです。当フォーラムの管理・運営を行っております。
http://www.yoyostorerewind.com/jp/

nisi
記事: 68
登録日時: 2020年7月09日(木) 21:19

Re: チタン

投稿記事 by nisi » 2020年9月09日(水) 23:52

回答ありがとうございました。
分かりやすい説明助かりました。
ヨーヨー作成においてとても理想的な材質なんですね。
いつかはチタンヨーヨー欲しいですね。

返信する