More from: ビデオ(教則)

【2Aラップ講座】クロスラップを回しながらつまむ「リバース・ピンチ・ラップ」片手版の解説

ピンチ・ラップの逆回転バージョンです。こちらはクロスラップで一度回して、その間に手にかける(つまむ)という違いがあります。

ほとんどのピンチ系ラップのつまむ位置は、共通してヨーヨーから離れたほうが良いです。腕から十数センチのところをつまむくらいの意識ですね。ヨーヨーに近いと、かなり回しづらく、途中で引っかかってしまいます。また、ヨーヨーを左右に振る動作は、できるだけヨーヨーの軌道をまっすぐにキープして、姿勢を安定させスリープロスを抑えるようにしてください。

【ラップ講座(片手版)まとめ】


【2Aラップ講座】見た目の似た2種類の「リバース・アウトサイド・オーバー/アンダー・ラップ」片手版の解説

アウトサイド・オーバー・ラップの逆回転バージョンです。こちらは手の交差の仕方、ヨーヨーが外側で回っている間のクロスラップの形でバリエーションがあります。

手の交差など細かな違いがあります

手の交差など細かな違いがあります

2種類とも見た目が似ていますが、やってみると違いが明確に感じられるトリックです。利き手を前に回す(ヨーヨーに勢いを付けるタイミング)タイミングが違うため、まずはひとつずつ覚えていきましょう。もちろん、このトリックも両手だと難度が一気に跳ね上がります。

【ラップ講座(片手版)まとめ】


【2Aラップ講座】ヨーヨーを手首の外側へスイングする「アウトサイド・オーバー・ラップ」片手版の解説

つままないラップの動きです。利き手のストリングを反対の手の下からぐるっと回すことを意識しないと、ストリングが多重に巻き付いてしまうので気をつけましょう。

また、ビデオでも書いている通り、将来的には両手で行うことを想定して、利き手だけでヨーヨーを回せるようになるのが理想です。こういったつままないラップは反対の手も使いがちですが(何なら片手版としてはそれでまったく問題ないのですが)、その反対の手では常にループを行っていることを想像していただければ、難易度の片鱗が感じられて楽しいかと思います。

両手だとこうなります↑

両手だとこうなります↑

【ラップ講座(片手版)まとめ】


4A部門世界チャンピオン岩倉玲選手による「ソロハム」解説ビデオがC3ヨーヨーデザインより公開!第一回は準備とマウントの仕方

4A部門世界チャンピオン岩倉玲選手による「ソロハム」解説ビデオがC3ヨーヨーデザインより公開!私も撮影・編集を手伝わせていただきました。
第一回は準備とマウントの仕方。ソロハム用のストリングの長さや、持ち方、2個目を投げるまでの練習方法、そして2個目のマウントまでを解説しています。

この後も日をまたいで第二回、第三回まで続き、ソロハムをロールしてキャッチするまでを解説します。

日英両対応ですので、よければ英語の勉強にも活用ください🔤


「硬く締まりすぎて開かない…!」そんな困ったヨーヨーを確実に開ける方法をビデオにしました!

毎年必ず何度かお問い合わせを受ける「ヨーヨーが硬く締まりすぎて開きません」問題を解決するビデオを公開しました!

ヨーヨーのモッズ(改造)で有名なDr.MO氏が公開していた方法です。テープを切って両面テープ状にしてヨーヨーのフチに巻き付け、ひねるというもの。力の弱い方でも相当開けやすくなるはずです。また、ある程度粘着力と幅があるのであれば、両面テープそのもので問題ありません。

このひねり方(というより握り方)もワンポイントがありますので、詳しくはビデオを実際にご覧ください。

※ネジがナメてしまったヨーヨーには対応していません。