More from: ピックアップアイテムFROM渋谷店

リセス「スナック」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#002】

どうも!アルです!!

先週から開始した『ピックアップアイテムFROM渋谷店』、第2回はリセスのスナックです。

アンダーサイズという、今では万人受けしないサイズ帯のヨーヨーにも、脚光を浴びた時代があった。名作と言われるヨーヨージャムの「ミニモトリックス」が出た時の衝撃から、その後の「ミニモツ―」に繋がっていく辺りの時代の潮流。ミニモツ―を使いこなしていた田中貴康選手(元チームヨーヨージャム、現ターニングポイント所属)の活躍など、今では信じられないくらいミドル/アンダーサイズのヨーヨーが熱かった。

厳密に言えば、最初にミニモトリックスが出た頃は、「こんな小さなヨーヨーでも実戦向きなんだ」と思われていたため、主役級のサイズ帯とまで言うには語弊があるかもしれないが、確実に輝いていた瞬間はある。

2010年代、直径のトレンドはフルサイズへと移行し、アンダーサイズの需要は減りつつあるが、アンダーサイズヨーヨーが持つ魅力が失われた訳ではない。このサイズのヨーヨーでしか味わえない感触や、小ささを活かしたトリック攻略は、今もなお評価され続けている。

2018年に出たリセスの「スナック」は、ミニモトリックスやミニモツ―を今風なフルメタルで出すとこうなったのかな?と思わせる仕上がり。ミニモトリックスが直径52.46mm、ミニモツ―が直径48.75mmなので、直径50.71mmのスナックは、両者の中間くらいの直径に位置する。

その小ささを活かし、サクサク、スイスイとストリングの合間を縫ってスムーズに動いていく感触は、スナックの持つ「気持ちよさ」と「快適さ」によるもの。気軽に使えながらも非力な感じはないのもポイント。バッチリとハマる人にはハマる、通好みなアンダーサイズヨーヨーである。

個人的にはとても気に入ってるヨーヨーなのだが、これを書いている2018年11月12日時点で当店の在庫は残り少なく、メーカーも再生産しなさそうな感じなので、気になる方は早めにゲットすることをオススメする。


C3ヨーヨーデザイン「クラウン」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#001】

どうも!アルです!!

今日からブログ上で、新コーナー『ピックアップアイテムFROM渋谷店』を始めます(^o^)/

渋谷店で取り扱ってるアイテムの中から、コラム形式で1個1個掘り下げていこうと思ってます。

商品販売ページの説明とはまた違った視点での紹介を楽しんでいければ幸いです!

 

第1回は、C3ヨーヨーデザインのクラウンです!

世界チャンピオン城戸慎也のシグネチャーモデルとして売れまくった初期型クラウンが廃版となり、その後バイメタル版の「クラウン.st」や「クラウン.st 7075」が発売されたが、僕は正直モノメタルの初期型クラウンが好きだった。

1個だけ持っている初期型クラウンは、それはそれはチャンピオンモデルという名に恥じない名作だった。個人的なことを言えば、「慎也のヨーヨー」というフィルターもあるが、それを差し引いても、当時の…いや今でも最高のヨーヨーのひとつと言えるんじゃなかろうか。あのクラウンが自分の中ではモノメタル最強機種とも思えるほど好きだったから、復刻を待ち望んでいた。

新型クラウンは、初期型発売から4年の月日を経てリニューアルされると聞き、だいぶハードルは高くなっていたけど、そんなハードルを悠々と超える完成度となっていた。そしてまさかのロープライス化。モノメタル最強機種の座を譲らず、それでいて5,000円代という価格。これはかなり「買い」の一品。

初めてメタルヨーヨーを買う人も、競技向けに使える物が欲しい人も、長く使える物が欲しい人も、正直これを買っておけば間違いないと断言できる。事実、リワインド渋谷店でもメタルヨーヨーのベストセラーとなっているし、売り手としても安心してオススメしやすい。

普段、店頭で売れ行きを見ていて、売れてる理由は性能面だけでなく、やはり「城戸慎也モデル」というのも大きいと感じる。ウェブ上に多数ある慎也のビデオを見ている人にとって、彼は世界チャンピオンでありインストラクターでもある。慎也のトリックをする上で、クラウンを選ぶことは自然なことだろう。

逆に言えば、これからヨーヨーを始める人には、クラウンと共に彼の教則ビデオをぜひ見てもらいたい。上達の第一歩からチャンピオンになるまで、クラウンを使って成長していって欲しい。クラウンの名を冠したヨーヨーはダテじゃないと感じてもらえれば本望だ。

第2回は来週月曜日更新予定!