ヨーヨーファクトリー 「シンギュラリティ」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#006】

どうも!アルです!!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

第6回はヨーヨーファクトリー のバイメタルヨーヨー、シンギュラリティです。

競技シーンにおいて、1A部門でよく見られるトリックのひとつにホリゾンタル(ヨーヨーを水平に投げて行うトリック)が挙げられる。実際にはヨーヨーが斜め45度くらいでもホリゾンタルと呼ばれたりもするが、なるべく水平に近い方が難易度も上がってくるし、見栄えも良くなる。

2018年全国大会5位入賞を果たしたトッププレイヤー、羽角伊弦選手(チームヨーヨーファクトリー /リワインド渋谷店スタッフ)は、そのホリゾンタルトリックを得意とし、特に水平状態をキープすることに定評がある。

羽角選手のシグネチャーモデルとして製作されたシンギュラリティは、彼の持ち味であるホリゾンタルトリックで真価を発揮する抜群の安定性はもちろん、複雑なトリックやスピーディーなトリックにも対応するバイメタルのハイエンドモデルだ。

シンギュラリティのデザインを手がけたのは、SUS YOYO MECHANICS(以下SUS)。まだ謎の多いSUSだが、ヨーヨーファクトリーのロックスターをはじめ、様々なヨーヨーの設計を経験し、その手腕は折り紙付きだ。持てるノウハウを基に、スーパーノヴァをベースに設計がスタート。ステップストレートに高めのバンプが特徴のスーパーノヴァは、旧型、リランチ、新型と、進化を続けてきたが、そのスーパーノヴァをどう改変するのか見ものであった。

結果として、スーパーノヴァというよりは、SUSが設計したロックスターと近いサイズ、スペック、形状になった。しかし、そこはバイメタル。パワーがまるで違うし、羽角選手の要望にもあった「投げ出しの重さに対しての操作性の軽さ」を感じることができる。スピードに乗ればのるほど、敏捷性が生かされてくる。激しい動きにも耐えうる強固な一面もあるが、ストリングを伝って滑らかなフィーリングも感じる、相反するような絶妙なバランスが面白い。

シャッターやクラウンでメタル入門を果たしたら、次は思い切ってこのシンギュラリティを手にしてみても良いだろう。


C3ヨーヨーデザイン「フローレス」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#005】

どうも!アルです!!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

第5回はC3ヨーヨーデザインのオフストリングヨーヨー、フローレスです。

オフストリングのレジェンドであり、今も現役で最前線に居続ける男、4A部門世界チャンピオン岩倉玲(イワクラレイ)選手。C3ヨーヨーデザインに所属する彼のシグネチャーモデルがフローレスだ。他にもコントレイルというシグネチャーモデルがリリースされているが、フローレスの方が使用率が高く、実戦でも使われてタイトルを勝ち取っているため、フローレス自体がチャンピオンモデルと言える。

過去にさかのぼって岩倉選手の使用ヨーヨーを見ていくと、彼がチームヨーヨージャム在籍当時、自身のシグネチャーモデルとして製作された「レクストリーム」や、その前に使用していた「ビッグヨー」が挙げられるが、大きくて幅広、そして重ためという共通点がある。レクストリームなんかは、あまり知られていないがレクストリーム1から3まで存在し、3では本体重量が100グラムを超えていた。そんな変遷を経て、彼がC3ヨーヨーデザイン加入後に発表されたシグネチャーモデルが、完璧を意味する“フローレス(Flawless)”だった。

初期のフローレスは、やはりと言うべきか、100グラムオーバーの超重量級機種で、色物とも捉えられかねないスペックに注目が集まった。実際のところ、岩倉選手のフリースタイルルーティンに入っているトリックやコンボの根幹を支えるヨーヨーは、フローレスじゃなきゃいけないと思わせるくらいの力を秘めている。ウェイトを重くすることによる絶対的な安定感は、プレイ中の安心感に繋がる。ソロハムやロングコンボでも活きてくる。しかし、同時に腕への負担も大きかった。

そこで、フローレスの特徴であった100グラムというウェイトを落とし、90グラム台へと軽量化。(と言っても重量級と呼べるが)重量を軽くすることで、腕への負担が軽減されたのが現在のフローレスだ。軽量化だけでなく、微妙な重量配分の変更によって洗練され、バランスの整った仕上がりになっている。リニューアルされてコントロール性能も向上している。そして、ヨーヨー選びのポイントとして「傾きにくさ」がひとつの目安とされるが、フローレスの凄い所は、傾いてもなお傾いた姿勢のまま安定して回り続ける点だ。岩倉選手のフリースタイルを見ていても、その脅威的な安定感を見て取れる。

チャンピオンとして完璧な演技を求める岩倉選手と、彼が使用するフローレス。ベストパートナーとも呼べる関係性だが、僕のようなオフストリングビギナーが使っても、フローレスはそのパフォーマンスを存分に発揮してくれる。重量感に慣れてしまえば、他にはないような安定感の虜になるはず。きっとあなたのベストパートナーにもなってくれるだろう。


ヨーヨーファクトリー 「シャッターワイドアングル」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#004】

どうも!アルです!!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

第4回はヨーヨーファクトリーのシャッターワイドアングルです。

「シャッターが幅広になった!」

今から約1年前、2017年秋のこと。ヨーヨーファクトリーの看板機種として2013年から4年もの間トップセラー商品となっていたシャッターが、ワイドモデル版となって新たにリリースされるという知らせが届いた。シャッターワイドアングルの登場は少し斜め上からのリリースで予想外だったが、シグネチャープレイヤーであるジェントリー・スタイン選手の要望に応えて出来上がった、意外なようで自然な成り行きのものであった。

ベースとなっているシャッター自体、長年少しづつ仕様変更を繰り返しているヨーヨーなのだが、オリジナル版のアップデートだけでなく、派生で素材違いのShu-Ta(A7075ボディ版)やチタン化したシャッターTiのようなアナザーバージョンが存在した。しかし、それらの基本形状やサイズはオリジナル版とほぼ同じだった。その点、シャッターワイドアングルは、横にグイっと引き伸ばしたような幅広形状に変貌を遂げていた。「ワイドアングル」という名前の洒落っ気も効いている。

シャッターはモノメタルの鉄板機種として支持されており、割とどんな人にも受け入れられる万能機種でもあるが、「ワイド版」という万能とは程遠い要素をプラスすることは一種の賭けのようにも思う。シャッター愛好者もニッチなヨーヨーが好きな人も手を伸ばさないような中途半端な存在になりかねない。が、結果としてシャッターワイドアングルはどちらの層にも訴求するような仕上がりになったと思う。シャッターを使っている人は使い慣れた形状のままワイドヨーヨーとしての面白さを感じられるし、少し変わったヨーヨーが好きな人も満足できるような遊び心のあるヨーヨーになっているのではないだろうか。カメラのワイドアングルレンズのように、これを使えばヨーヨーの世界が広がるかもしれない。


ヨーヨーファクトリー 「ループ720」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#003】

どうも!アルです!!

『ピックアップアイテムFROM渋谷店』

第3回はヨーヨーファクトリーのループ720です。

ルーピングというトリックジャンル。人によっては日々鍛錬を続けているだろう。人によっては敬遠しているだろう。他のスタイルと比べて、トリック習得の階段が一段一段高いため、どちらかというと手をつけずにいる…という人の方が多数派かもしれない。1Aと違って、ルーピングでは手順さえ覚えれば出来るようになるようなトリックは圧倒的に少ないし、「練習が全て」なんて声も聞こえてくるほど練習が物を言う。そんなジャンルの救世主となるヨーヨーが現れた(と言い切る)!それが新型のループ720だ。

新型?ってことは旧型もあったの?という人のために簡単に説明すると、以前ヨーヨーファクトリーは同名の全く異なる機種を出していた経緯がある。その時はレスポンスシステムにストリングを採用するという斬新なヨーヨーだったが、正直アイデアだけで終わってしまった感はある。それから数年の時を経て、2017年に新生ループ720として誕生したルーピングヨーヨーは、予想以上の大きな評価を得ている。

シグネチャープレイヤーである高田柊(タカダシュウ)選手が実際に使って活躍していることもあって、特に彼がよく使用しているソリッドオレンジを中心に、爆発的な人気と売れ行きを誇っている。僕がオススメする必要もないくらい渋谷店・ウェブ共に売れているが、ここは売れ行きとは関係なく僕視点でのオススメとして紹介したい。

性能面は本当に申し分ない。チョイスするストリングとスペーサー次第で変わってくるが、基本的には非常にクイックな戻り具合で、ループをやるうえでストレスなく使うことができる。この戻り具合の最適解を追求した結果、スリーパーやアラウンド・ザ・ワールドではスリープするけど、フォワード・パスではオートで戻ってくるような、物凄く「ちょうど良い」フィーリングとなった。

何より、メンテナンスが格段にラクで、ストリング交換だけで延々と使うことができる。メンテ嫌いの僕がオススメするんだから本当にラクちん!もちろんオイルもあるに越したことはないが。この「メンテがラク」というのは、練習効率を考えても、楽しむための余暇として考えても、1つのメリットと言える。ルーピングに興味ある人は、これを最初のルーピングヨーヨーとして手に取って欲しい。ループ720を手に入れることは、ルーピングの楽しさを手に入れることと同義かもしれない。


リセス「スナック」【ピックアップアイテムFROM渋谷店#002】

どうも!アルです!!

先週から開始した『ピックアップアイテムFROM渋谷店』、第2回はリセスのスナックです。

アンダーサイズという、今では万人受けしないサイズ帯のヨーヨーにも、脚光を浴びた時代があった。名作と言われるヨーヨージャムの「ミニモトリックス」が出た時の衝撃から、その後の「ミニモツ―」に繋がっていく辺りの時代の潮流。ミニモツ―を使いこなしていた田中貴康選手(元チームヨーヨージャム、現ターニングポイント所属)の活躍など、今では信じられないくらいミドル/アンダーサイズのヨーヨーが熱かった。

厳密に言えば、最初にミニモトリックスが出た頃は、「こんな小さなヨーヨーでも実戦向きなんだ」と思われていたため、主役級のサイズ帯とまで言うには語弊があるかもしれないが、確実に輝いていた瞬間はある。

2010年代、直径のトレンドはフルサイズへと移行し、アンダーサイズの需要は減りつつあるが、アンダーサイズヨーヨーが持つ魅力が失われた訳ではない。このサイズのヨーヨーでしか味わえない感触や、小ささを活かしたトリック攻略は、今もなお評価され続けている。

2018年に出たリセスの「スナック」は、ミニモトリックスやミニモツ―を今風なフルメタルで出すとこうなったのかな?と思わせる仕上がり。ミニモトリックスが直径52.46mm、ミニモツ―が直径48.75mmなので、直径50.71mmのスナックは、両者の中間くらいの直径に位置する。

その小ささを活かし、サクサク、スイスイとストリングの合間を縫ってスムーズに動いていく感触は、スナックの持つ「気持ちよさ」と「快適さ」によるもの。気軽に使えながらも非力な感じはないのもポイント。バッチリとハマる人にはハマる、通好みなアンダーサイズヨーヨーである。

個人的にはとても気に入ってるヨーヨーなのだが、これを書いている2018年11月12日時点で当店の在庫は残り少なく、メーカーも再生産しなさそうな感じなので、気になる方は早めにゲットすることをオススメする。